つまりの対処法

トイレがつまった場合、とにかく早急に対処しなければいけません。そして、トイレのつまりは、手順さえ間違わなければ、そのほとんどは自分で解決できるのです。ではそのトイレのつまりの対処法ですが、作業の前に行うことがあります。まずは電源のプラグを抜いてください。便座にはセンサーが付いていますので、作動すると作業に支障をきたします。次に、止水栓を閉めて、水を出ないようにしましょう

つまりの対処法として、最初に行うのはバケツで水を流すという方法です。便器の排水口を目がけて、水を勢いよく流します。このときの水の圧力で中の異物を流してしまうのです。紙などはこれで流れていきますが、携帯などの固形物は逆流してくることがあります。排水口からその固形物が見えたら、すぐに取り出してください。

バケツでも流れない場合は、お湯を使ってください。ただ、熱湯を使うと便器が損傷することがありますので、ぬるま湯を流すようにしましょう。他にはラバーカップを使う方法もあります。排水口に密着させ、真空状態のまま中の水を引き抜く感じで行います。こういった対処法でも流れない場合は、業者に依頼するほうがいいでしょう。トイレのつまりはいつ起こるか分かりません。日頃から水の流れ方などに注意することで、早めの対策ができ、トラブルも起きにくくなるのです。

トイレのつまりの原因

トイレで水を流したとき、水の流れが悪かったり、異音がしたり、最悪の場合は溢れるということがあれば、それは多くの場合トイレのつまりが原因です。このつまりの原因として最も多いのが、トイレットペーパーです。トイレットペーパーは水に溶ける性質を持っていますので、つまらないと思われていますが、一度に大量のトイレットペーパーを流すとつまってしまうことがあるのです。また、丸めたりして塊りにしたものを流すのもよくありません。

同じ紙の中で、トイレットペーパーの代用として使われるのがティシューです。このティシューはトイレットペーパーとは逆で、水に溶けない性質を持っていますから、つまるのは当然と思ってください。他にも、ボールペンや子供のおもちゃ、ペットボトルのキャップなどもつまりの原因としてはよくあるものです。

また、節水が原因でつまりが起こることもあります。水を節約しようと、タンクの中にペットボトルなどを入れている場合、水の勢いが弱まるため通常は流れるものが、流れにくくなってしまうのです。普通に使用していれば、ほとんどの場合問題はないのですが、それでもいつつまりが起こるか分からないのがトイレのトラブルの怖いところと言えるでしょう。

トイレのトラブル

家の中で、トラブルが多いのが水回りです。キッチンやお風呂、洗面所などがありますが、その中でも特にトイレは特にトラブルが起きやすい場所とされます。トイレが使えないという状況だけはなんとしても避けたいものですが、いざトラブルが起った際、どのような対処をすればいいのか分からない人が多いものです。このトイレのトラブルとして、最も頻繁に起こるのがつまりです。このつまりの原因が分からないため、トラブルの対処法が分からないのです。

トイレのつまりは、いきなり起こることもありますが、ほとんどの場合、つまりが徐々に進行していき、あるところでそれが大きな現象となって表れるのです。そのトラブルの前兆としては、例えば流す際に異音がしたり、水の引き方が遅くなったり、または水が一度上がって、その後引いていくなどといったものがあります。こういった兆候に気付けば、対処も早いのですが、ほとんどの場合、見過ごしてしまい大きなトラブルとなっていくのです。

携帯電話や財布などを落とした、などという場合は明らかに原因が分かるのですが、こうした前兆のある場合は、知らず知らずのうちに何かがつまっていたということになります。こうした原因が分からないままのつまりが最も困るパターンなのです。

トイレのつまりと異物

家の中で最もよく利用する場所は、トイレではないでしょうか。ただ、そのトイレもいつも異常なく利用しているつもりでも、実は少しずつトラブルの種が大きくなっていることがあるのです。トイレのトラブルで多いものが、つまりです。トイレがつまると、水が流れなくなり、最悪の場合、汚水が溢れてくることにも繋がります。では、こういったつまりは何故起こるのでしょう。

トイレのつまりの多くは、突然発生するのではありません。前もって何らかの兆しがあるものです。例えば、なんとなく流れ方が遅かったり、ボコボコと異音がしていたり、あるいは一度水が増えて、その後引いていくなどの症状があります。こういった前兆に気付かなかったり、気付いていてもあまり気にしていなかったりすると、大きなトラブルへと繋がっていくのです。つまりの原因としては、大量のトイレットペーパーやティシュー、ボールペンなどの固形物がありますが、そのつまりの原因に思い当たる節があれば、自分でつまりを解消する方法もあるのです

つまりを解消するには、まずはバケツの水を高いところから便器の排水口目指して、勢いよく注ぎ込むという方法があります。通常は渦を巻きながら排水口へ流れ込む水を、直線手的に流し込むことで、水圧を上げ、中のつまりを流すという方法です。この方法で改善できない場合は、水をぬるま湯に換えたり、ラバーカップを使うといいでしょう。このサイトは、異物によるトイレのつまりについて説明します。