つまりの対処法


トイレがつまった場合、とにかく早急に対処しなければいけません。そして、トイレのつまりは、手順さえ間違わなければ、そのほとんどは自分で解決できるのです。ではそのトイレのつまりの対処法ですが、作業の前に行うことがあります。まずは電源のプラグを抜いてください。便座にはセンサーが付いていますので、作動すると作業に支障をきたします。次に、止水栓を閉めて、水を出ないようにしましょう

つまりの対処法として、最初に行うのはバケツで水を流すという方法です。便器の排水口を目がけて、水を勢いよく流します。このときの水の圧力で中の異物を流してしまうのです。紙などはこれで流れていきますが、携帯などの固形物は逆流してくることがあります。排水口からその固形物が見えたら、すぐに取り出してください。

バケツでも流れない場合は、お湯を使ってください。ただ、熱湯を使うと便器が損傷することがありますので、ぬるま湯を流すようにしましょう。他にはラバーカップを使う方法もあります。排水口に密着させ、真空状態のまま中の水を引き抜く感じで行います。こういった対処法でも流れない場合は、業者に依頼するほうがいいでしょう。トイレのつまりはいつ起こるか分かりません。日頃から水の流れ方などに注意することで、早めの対策ができ、トラブルも起きにくくなるのです。

≪参照サイト≫
水トラブル専門ポータル【水漏れカイケツくん】 | 洗濯機・トイレ・キッチン・お風呂・洗面所・エアコンの水漏れ等、水回りのトラブル関しては、カイケツ君にお任せください!まずはお気軽にご相談下さい!