トイレのつまりと異物


家の中で最もよく利用する場所は、トイレではないでしょうか。ただ、そのトイレもいつも異常なく利用しているつもりでも、実は少しずつトラブルの種が大きくなっていることがあるのです。トイレのトラブルで多いものが、つまりです。トイレがつまると、水が流れなくなり、最悪の場合、汚水が溢れてくることにも繋がります。では、こういったつまりは何故起こるのでしょう。

トイレのつまりの多くは、突然発生するのではありません。前もって何らかの兆しがあるものです。例えば、なんとなく流れ方が遅かったり、ボコボコと異音がしていたり、あるいは一度水が増えて、その後引いていくなどの症状があります。こういった前兆に気付かなかったり、気付いていてもあまり気にしていなかったりすると、大きなトラブルへと繋がっていくのです。つまりの原因としては、大量のトイレットペーパーやティシュー、ボールペンなどの固形物がありますが、そのつまりの原因に思い当たる節があれば、自分でつまりを解消する方法もあるのです

つまりを解消するには、まずはバケツの水を高いところから便器の排水口目指して、勢いよく注ぎ込むという方法があります。通常は渦を巻きながら排水口へ流れ込む水を、直線手的に流し込むことで、水圧を上げ、中のつまりを流すという方法です。この方法で改善できない場合は、水をぬるま湯に換えたり、ラバーカップを使うといいでしょう。このサイトは、異物によるトイレのつまりについて説明します。